DIYから製造業の世界まで幅広く活用されるステンレス製アングル

DIYから製造業の世界まで幅広く活用されるステンレス製アングル

錆びにくい金属のステンレスは調理用具の素材として大活躍

アングルと角パイプ

調理器具には様々な金属材料が使われていますが、錆びにくいステンレスは保存容器やバット、鍋などキッチンでも多く使われています。衝撃にも強いですが、重いのが欠点です。主成分は鉄ですがCr(クロム)とNi(ニッケル)を加えると錆びにくくなります。ステンレスには大きく分けるとNiを含むものと含まないものがあり、Niを含まないものは磁性があり電磁調理器で使えますがNiを含むものは電磁調理器では使えません。よく使われる調理器具を例にその他の金属材料の特徴もみていきましょう。
「アルミ」は熱伝導が良いのが特徴で、鍋によく使われますが焦げ付きやすく磁性はないので電磁調理器での調理が出来ません。とても軽い金属材料なので、多くの家庭で使用されているフッ素加工のフライパンも本体はアルミで作られているものが多いのです。「鉄」は安くて強く、加工しやすいので鍋や包丁など幅広く使用されています。丈夫で寿命も長いですが、錆びやすいので使用後のお手入れが不可欠です。「銅」は熱伝導が大変高く玉子焼き用のフライパンなどは料理人から大変支持されています。ただ、高額なことと銅のサビである緑青に毒性があるといわれた時代があった為に家庭にあまり普及していないようです。

Choice Contents

TOP