DIYから製造業の世界まで幅広く活用されるステンレス製アングル

DIYから製造業の世界まで幅広く活用されるステンレス製アングル

ステンレスはとても身近な金属

たくさんの金属材料

日常でよく目にし、触れる金属材料と言えば鉄、ステンレス、アルミです。その中で最も身近なものがステンレスです。ステンレスは耐食性や強度を向上させるために、鉄、クロム、ニッケルを混ぜて作った合金です。そのため磁石に引っ付きにくくなり、「鉄とステンレスを見分ける場合磁石を付けてみる」と言われています。金属材料の中でもステンレスの「さびにくい」「丈夫」という特徴を活かして調理器具や流し台などさびては困る場所に広く用いられています。日々の生活の中でもキッチン用品やお風呂グッズ等と金属材料の中でもさびにくい金属として重宝されています。
ステンレスの特徴としては「耐熱性や保温性に優れる」ということもあり、水筒やポットの内壁にも使われています。工業製品としては鉄道車両、自動車部品、ビルの外装パネルなどでも使用されていて、その特性を活かし私たちの身近な製品から工業製品まで、幅広く活用されています。
またステンレスは省エネルギーと排出物の削減に努めながら生産されていて、使用後はほとんどがリサイクルされ再び原料として生かされているため、これから地球環境にやさしい金属材料です。これからの時代のニーズに合った金属材料と言えます。

Choice Contents

TOP